日本の高校から海外大学へ留学する方法

日本の高校卒業後に大学留学大学留学
スポンサーリンク

日本の高校卒業後に、海外大学へ留学する方法

  • 日本の高校を卒業して、海外の大学に留学したい
  • 留学に興味があるけど、方法やタイミングが分からない

こんな悩みを解決します。

日本の高校卒業後に海外の大学へ留学する方は、高校在学中にやる事がたくさん!卒業までに、計画的な留学準備と英語力の向上が必須です。おざなりな計画では、留学スタートと大学卒業がかなり遅れてしまう事もあります。


今回は、日本の高校を卒業した学生が、海外の大学へと進学する3つの方法をお伝えします!

この記事を読めば、費用や大学入学・英語の準備などが理解できるので、大学留学に飛び立つまでの道のりが頭で思い描けるようになります。

  • 日本の高校から、海外の大学へ留学する方法
    1. 日本の留学学校で準備してから海外へ
    2. 日本の高校卒業後、そのまま留学
    3. Community college (短大)からトランスファー
  • 「留学は不安だ」という方へ

当サイト「留学ディクショナリー」は、8年間の海外留学経験を持つライターが記事を執筆しています。
また、この記事を書くにあたり、実際に日本の高校卒業後に留学した、複数の学生に協力を頂きました。


日本の高校から、海外の大学へ留学

留学と飛行機

海外の大学へと留学をする為には、いろいろな準備が必要です。例えば、英語力が不足していると、入学直後から授業についていけません。書類の提出が間に合わなければ、出願もできません。

その為留学までの道のりは、「どんな準備をしていくか?」を考える事が大切です!

留学の準備の中には心と頭の準備もあります!
その準備の為にも、本番の留学より前に短期の留学に行く事をオススメします!

本当に何も分からず飛び込むよりは、少しでも勝手が分かっていた方が安心です。短期留学に関しては、こちらの記事で詳しく纏めていますので、参考にして下さい!


それでは本題に入ります。

日本の高校卒業後に海外の大学へ留学する場合は、以下の3つの選択肢があります:

  1. 日本の留学学校で準備してから海外へ
  2. 日本の高校卒業後、そのまま留学
  3. Community college (短大)からトランスファー


それぞれの方法は下で紹介していきますが、自分に合った方法を選ぶ為に「予算・英語力・志望大学の難易度」の3を意識してお読み下さい。

まぶ編集長
まぶ編集長

留学の方法に応じて、費用や必要な英語のレベルが変わります!
また、希望の大学が高難易度の場合には、より入念な準備が必要です。


それでは、3つの方法を一つずつ丁寧に解説をしていきます!

日本の留学学校で準備してから、海外留学

留学準備学校

留学準備学校では、英語とそれ以外の準備を行います。

準備の具体的な内容は、日本と海外の授業の違いを埋めていくものとなります。例えば、プレゼンやレポートなどの課題提出の方法などです。準備学校では 海外の大学授業で良い成績を修めることを目標として、留学に向けて準備を行います。


授業の内容は、アカデミックスキルを身につける事を主としており;

  • ディスカッション/ディベート中心の授業
  • レポートやエッセイ
  • プレゼンテーションやスピーチ

などの課題の対策が中心となります。

期間は通常1年間で、高校卒業または中退後に入学する生徒が多いです。他にも、大学卒業者や中退者、社会人の生徒など幅広い年齢層の人が通います。

筆者の友人も通って居ましたが、留学に向けたアカデミックスキルは十分身についたと言っていましたよ!


実際に留学する際のサポートも充実しており、受験のサポートなどもお願いできます。留学先の国に提携校を持っている場合もあり、情報やサポートは多岐にわたります。


ただし、あくまで留学準備専門なので、卒業してもcertificate(資格)がもらえるわけではないです。また、授業のレベルにも学校によってかなりの差があるので、下調べや説明会で情報や評判を確認してから決めることをオススメします。

留学準備学校は各種学校のような扱いです!


この方法は、留学前にしっかりと準備が出来る点が最大の魅力です。また、留学を志す仲間もできるので、一人で勉強をする不安も少ないでしょう。ただし、時間とお金は余分にかかります。

例えばイギリス留学の場合、準備学校(1年)+ Foundation(1年)+学科(3年)となります。
計5年かかる計算になるので、時間と予算が多めに必要です。


なお卒業時期が通常の学年より遅れてしまう点に関しては、留学生の就活にはあまり響かないので心配はいりませんよ!

留学準備学校を使う方法は、

いきなり留学するのが不安!金銭的にもある程度余裕がある!

という人にオススメします。

日本の高校卒業後、そのまま留学

日本の高校卒業後に大学留学

この方法は、日本の高校卒業と同時に、海外の大学へと留学する方法です。高校卒業後にそのまま留学する場合は、高校在籍時から準備を進めていく必要があります。

準備の内容としては、

  • 国ごとの受験の仕方のリサーチ
  • 高校で良い成績を取る
  • 英語力の資格の準備 (TOEFL、IELTS等)
  • Recommendation letter (推薦状)の準備
  • Personal statement の準備

などがあります。

同級生が大学受験を進めている時期に、自分は留学準備のために色々と動くイメージです。特に、TOEFLやIELTSで基準点を取得する為には、かなり勉強時間が必要です。計画的に行動する事を心がけましょう!

ちなみに、海外の多くの大学では入試のテストが存在しません。高校時の成績とその他の提出書類が非常に大切になります。

アメリカ留学の場合は、SATというテストの受験が必要になります。

詳細は、それぞれのリンク先で確認下さい。


留学書類の準備や学校探しに関しては、留学エージェントに頼むのもありです。前述の通り、書類のクオリティはかなり大事ですし、分からない事を気軽に聞ける存在は有難いです。留学エージェントは、イギリス留学であれば、BeoSI-UKなどが有名です。

まぶ編集長
まぶ編集長

筆者も実際に、エージェント会社にお願いしました!!


この留学方法は、自力で頑張らなければいけない事も多数あります。費用が抑えられるメリットや、最短で卒業できる方法でもあるので、魅力的に感じる方も多いと思います。具体的にオススメできる方は:

  • 英語力に自信がある
  • 海外の大学制度等に見聞がある
  • またはそういった人が周りにいる

この3つの条件の少なくとも2つに当てはまる方にはオススメです。

イギリス留学の場合は、学科のクラスへの直接の留学は基本的にできません!
最初にFoundationという準備コースに通う事となり、他の国でもこのような制度は多いです。

Foundationに関してはこちらの記事をご覧ください。

Community college (短大)からトランスファー

コミュニティカレッジとは?

この方法は、「カナダまたはアメリカの大学への留学」を考えている方にオススメです。

方法としては、大学から大学へのトランスファー(移行)を行います。まず最初に、Community college -以下コミカレ表記- と言われる二年制大学に進学し卒業します。その後、四年制の大学へ編入するという流れです。


基本的には大学編入は3年生時となるので、「2年(コミカレ) + 2年(四大)」で計四年間の留学になります。

日本の高校からアメリカ留学を目指す生徒には、実際に一番人気のある方法です!英語力や適応力を上げた状態で編入が可能なので、現実的な方法でもあると思います。


アメリカの大学は学費が単位制の所が多いので、1年間でたくさん単位を取る事が可能です。その分年間の学費は高くなりますが、早く卒業することも可能となっています。

コミカレについては、メリットとデメリットがたくさんあります。詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

コミカレに関する記事はこちら

留学は不安だ、という方へ

日本の高校から海外の大学へ

ここまでお読みいただいた方は、留学に強い興味を持たれている方がほとんどだと思います。

留学生活は興味がある!けれど不安も。。。

という方も多いのではないでしょうか?

海外での一人暮らしに、不安を抱くのは当然です!

不安だからこそ、実際に今下調べを行なっている訳ですから、不安くらいがちょうど良いと思います。
情報を持って留学するのと、何も知らずに飛び込むのでは、留学後の行動に大きな差がでます。

事前に準備を頑張る事で、自分の中の自信にもなると思います!
自信があれば、留学後に積極的に行動できますし、満足いく留学の為には必須です!


留学に向けてすぐ出来る準備で一番おすすめのものが、英語力を上げておく事です。授業にしても日常生活にしても、英語が得意な方が絶対に上手くいきます。

英語力を確実に上げていく方法は、こちらの記事で解説しています。
留学生へのインタビューで聞いた、英語力upにおすすめの勉強法です!


いきなりの長期留学は不安だ、という方には「サマースクール」への参加をオススメします。一ヶ月前後の勉強プログラムで、実際に大学内のキャンパスで学ぶ事ができます。

もちろん、周りの生徒も留学生が多いので、「大学の雰囲気そのまま!」とまではいきませんが、海外に住む実際のイメージが湧いてくると思います。

サマースクールに関してはこちら。英語のサイトですが、欧州のサマースクールを纏めたサイトです。


上でも紹介した通り、本留学の前に短期の留学に参加する事もオススメです!フィリピンやオーストラリアなどの、日本から近い地域でも様々なプログラムがあります。お値段的にも、サマースクールより安くなります。

短期留学についての記事はこちら


いかがでしたか?

日本人で大学留学をする生徒の半数近くが、日本の高校で勉強した後に、海外留学を決意した生徒たちです。様々な苦労はあるとしても、海外の地で努力した4年間は、確実に人生のプラスの財産になります。

当サイトでは、留学に関する情報を幅広く扱っていますので、ご自身が欲している情報も必ず見つかると思います。色々な記事を読み、留学の事前準備の参考にして下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました