イギリスの大学入試!留学生必見の制度や出願方を完全解説

イギリス大学へ出願イギリス留学
スポンサーリンク

イギリスの大学入試の制度を理解しよう!

  • イギリス留学を考えている
  • イギリスの大学入試制度ってどんな感じ?
  • 海外の大学に興味がある

このような方に向けた記事です。

イギリスの大学入試の制度は日本と異なります。それに伴い、出願の時期や方法も国内の受験と違いますので、最初に全体像を理解して進めないと失敗に繋がります。

今回はイギリスの大学入試について、抑えておくべきポイントから出願までの一連の流れを全て解説します。

この記事を読めば、イギリスの大学出願に必要な作業と書類などの、大きな流れが理解できますので、イギリス留学に向けて大きな一歩が踏み出せます。

  • イギリス大学出願の基本情報
  • イギリス大学の出願時期
  • イギリス大学出願で必要な提出書類
  • イギリス大学出願のシステム
  • UCASでの出願までの流れ

当サイト「留学ディクショナリー」は、8年間の海外留学経験を持つライターが記事を執筆しています。
また、この記事を書くにあたり、複数のイギリス留学生に協力を頂きました。

イギリスの大学入試制度のポイント

イギリス大学へ出願


まずは、イギリスの大学出願の前に知っておくべきポイントを紹介していきます。
イギリスでは日本の学制と異なるシステムが採用されているので、間違えないように気をつけてください!

以下が最初に覚えておきたいポイントです:

  • イギリスの大学は、基本9月or10月始まり
  • 出願期限は1月中旬までが主流
    * ただし大学や学部によって、出願期限は大いに異なるので要チェック!
  • 出願方法は多くの大学でUCASからの出願となる(後述)
  • 前もって、requirement・application deadlineを確認しておこう!


大前提として、イギリスの大学は3年制です。日本でいう一般教養教科が存在しない為、専門学科の教科からいきなり授業が始まります。

まぶ編集長
まぶ編集長

日本は一般教養(1年)+本過程(3年)の4年制ですが、イギリスは本過程のみなので三年間です!


日本の高校からの出願する場合は、成績の評価基準がイギリスとは異なることと、英語力の問題などで、最初はFoundation courseから始まります。

ですので、日本国内の高校からイギリス留学を目指す場合は、「1年間Foundation + 3年間の学部」という形になると思います。

Foundationへの出願は、学部への出願と方法が異なります。詳しくは、Foundationについての記事をお読みください。


今回の記事では、Foundation course 在学時に学部へ出願する、又は海外の高校から直接イギリスの大学学部へ出願する際の方法について詳しく解説していきます。

それでは、入試制度の詳しい内容の解説へと移ります!

イギリスでの大学出願時期

イギリス国旗

前述の通り、イギリスと日本では、学校の時期や制度が違います

日本は4月始まりなのに対し、イギリスの大学はほとんどの場合、9月〜10月ごろに新学年が始まります。これに伴い、大学の出願時期にも違いがあります。

ちなみに、諸外国で4月を新学期に置いている国は稀です。
海外留学の際はイギリス以外でも、事前に調べておきましょう!


また、日本の大学にも大学と大学院があるように、海外の大学も、undergraduate(大学)とpost graduate(大学院)があります。

どちらに出願するのかによって様々な違いはありますが、undergraduateの場合だと、1月中旬締め切りの大学がほとんどです。

まぶ編集長
まぶ編集長

ただし、出願締め切りの時期は大学・学部で違うので、要チェックですよ!


CambridgeやOxfordなどは出願の締め切りがすごく早いですし、同じ大学の中でも学部によって締め切り日が違ったり・・・という具合に、なかなか複雑です。

イギリスの大学に出願する際は、志望校を絞り込む段階で、出願時期を確認しておきましょう。

特に、理系のmedicine(医療)関係の学部は、他の学部と出願時期が異なる場合が多いので、注意が必要です。

イギリスの大学入試で必要な書類

イギリスの大学入試に必要な書類


イギリスの大学入試の制度では、書類の完成度や高校の成績が合否の判定に与える影響が非常に大きいです。実際に、入試のテストはほとんど行われないので、一発逆転は基本ありえません。

センター試験などの共通テストを受けない分、高校(ファウンデーションコース)の成績など、日頃の頑張りの成果が入試結果へダイレクトに反映されます!


イギリス大学入試の提出書類の中には、高校の成績表だったり高校の先生からの推薦状だったり、学校側に用意してもらわないといけない書類もあります。

これらの書類は、受け取りまでに割と時間がかかります。前もって出願期限を把握して、早めに行動することをオススメします!最悪の場合は出願日に間に合わない、バタバタして書類に不備が、という場合もあるようです。

まぶ編集長
まぶ編集長

実際に以前話を聞いた学生さんも、「出願に遅れた経験をした」という方もいらっしゃいました。。。


そういった事態に陥らないためにも、早め早めの計画的な準備が大切です。

イギリス大学入試で必要な書類は、上で紹介した推薦状などと合わせて以下の物となります:

  • 推薦状
  • 高校の成績表/transcript
  • Personal Statement
  • 英語力を証明するもの
  • パスポートとビザのコピー(すでに取得している場合)
  • 卒業証書


が基本的に必要なものです。

書類の内容を含めた細かい内容は、SI-UKさんのサイトが参考になります!SI-UKはイギリス留学の専門エージェントなので、信憑性も高いですよ!


必要書類の補足をしておくと、推薦状(letter of recommendation)と英語力証明書(IELTS又はTOEFL)の二つに関しては、特に注意が必要です。

推薦状は前述の通り、学校(先生)が準備する為に必要な時間を考慮する必要があります。

またIELTSに関しては、出願後に追加提出も可能です。それでも、出願までの期間に点数を取れていると自分自身の心がかなり楽になるので早めの取得がオススメです。

英語力を上げておくことは大切なので、損はないですよ!英語のトレーニングはこちらの記事を参考にして下さい。


これらの書類は準備するのに特に時間がかかるものですが、それ以外にも提出書類はいくつかあるので、早めに大学のサイトで確認しておくことをお勧めします。


そして入試テストについてですが前述の通り、イギリスの大学入試では基本的にテストを受けません。(Cambridge・Oxfordなど一部はインタビュー等あり)

  • 高校の成績表/transcript
    (一般的にはGCSE A LevelやIBなどの結果、predicted gradeも可)
  • Personal Statement
  • 英語力を証明するもの
    (イギリスの場合はIELTSがオススメです)

3つが、学力に関する提出物となります。

イギリス大学出願のシステム

イギリス大学出願の仕組み

イギリスの大学の出願は、基本UCASというサイトが一括管理しています。

このサイトを通じて各大学に出願し、出願後の変更や合否通知なども、全てこのサイトを通じて送られてきます。


事前にアカウントを作っておく事が出来るので、一度下見をすると良いと思います!

UCASの公式サイトはこちら


UCASでは一回の出願で、最大5校まで同時に出願することができます。またお金を払えば、出願する大学を増やすことも可能です。

要するに、スタンダードは5校ですが、お金を払えば何校でも出願できるというわけです。

イギリス大学入試 〜出願までの流れ〜

最後に、これまでの内容を纏めてイギリス大学入試の流れを振り返ります。

  1. 大学及び学部を選ぶ
  2. 必要書類(成績表・推薦状などなど)を集める 
    (この時点で、IELTS等のrequirementもクリアしとこう!)
  3. UCASアカウント作成
  4. 出願!

最初に学部を選びます。この際に、入学に関する条件をしっかりと調べましょう!

次に必要な書類を集めて、それが終わればUCASを通して出願する、という流れです。

いたってシンプルですが、自分の希望の大学を探す工程は時間がかかる為、早めにスタートさせることをオススメします!

ちなみに出願のプロセスが全て英語ですので、慣れていない方は少し大変かもしれません。



今回はイギリスの大学出願の一通りの流れを解説しました。

留学は一大行事です。成功させる為にも、大学のrequirementのサイトに早めに行き、出願に関する情報や提出物を早めに確認し、必要な書類を余裕を持って揃えましょう!

もし出願に関して自分で全て行うのに不安がある方は、留学エージェントを使うのもオススメです。

参考文献:https://www.ucas.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました